楽天カードと楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの違いは?年会費を支払ってもお得になる分岐点とは

「楽天カードってゴールドもあるの?」

 

楽天カードをしばらく使っていると、

  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード

といったちょっとグレードの高いカードの存在に気づくと思います。

 

実は普通の楽天カードを使っている人もグレードアップしたほうがお得になる場合があるんです。

そこでこの記事では「楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの違い」をご説明して、それぞれどんな人におすすめかを紹介していきます。

 

普通の楽天カード利用者のかたはもちろん、まだ楽天カードを持っていない人もぜひ参考にして下さい。

 

\おおすめサイト↓/

楽天ゴールドカードとは?還元率がお得で限度額が高いカードです。

まずは楽天ゴールドカードです

3つある楽天ブランドのクレジットカードのうちの真ん中のグレードのカードになります。

通常の楽天カードが年会費無料なのに対し、楽天ゴールドカードは年会費が2160円

 

ただし、

  • 楽天市場での還元率が5%
  • 国内航空ラウンジ年2回まで無料
  • 限度額最大200万円
  • ETCカード無料

というメリットがあります。

 

特に大きなメリットになるのは楽天市場での還元率と利用限度額でしょう。

還元率5%ならば、年会費をの負担をこえてリターンがある場合があります。(※後述)

 

またクレジットカードで各種税金を支払っているフリーランスの方などはしばしば限度額いっぱいになってしまうことがあります。

少しでも税負担を軽くするためにクレジットカード支払いでポイントを貰いたい人はゴールドに切り替えておくと安心です。

 

楽天プレミアムカードとは?特典多数のカードです

楽天プレミアムカードは(ブラックを除く)3種類ある楽天ブランドのクレジットカードの中で最上位のカードになります。

年会費はハイステータスカードらしく10,000円です。

 

楽天プレミアムカードには、

  • 楽天市場での還元率5%
  • 海外空港ラウンジ(プライオリティ・パス)無料
  • 国内空港ラウンジ無料
  • トラベルデスク
  • 保険(海外旅行損害保険、国内旅行損害保険、動産総合保険)

といった特典があります。

 

頻繁に海外旅行に行かれる方には嬉しいサービスがついてますね。

さらに楽天プレミアムカードを発行した初年度は「楽天プレミアム」を無料で使うことができます。

楽天プレミアムは楽天市場で買い物した送料分のポイントが還元されるお得なサービスです。

先ほどのポイントの貯め方にプラスして送料が還元されるとなれば、さらにたくさんのポイントが貯められますね。

 

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードを比較

3種類のクレジットカードとの違いをまとめました。

 

楽天カードゴールドカードプレミアムカード
還元率1.0%(通常利用時)
年会費無料2,000円(税抜)10,000円(税抜)
ブランドVISA、JCB、MasterCard
ETCカード条件付き無料無料
SPUポイント+2倍ポイント+4倍
国内空港ラウンジなし年2回無料無料
海外空港ラウンジなしなし無料(プライオリティパス)
利用限度額100万円200万円300万円

 

表を見ただけだと、どれが自分に向いているカードかわかりにくいですよね。

 

そこで以下では、

  1. 楽天カードから楽天ゴールドカードに変えた方が良い人のパターン
  2. 楽天ゴールドカードから楽天プレミアムカードに変えた方が良い人のパターン

をそれぞれ説明していきます。

 

楽天カードを楽天ゴールドカードへ変更するかどうかの分岐点→楽天市場で月1万円以上の買い物

現在楽天カードを利用中の方で、楽天ゴールドカードが気になっている方は「いつも楽天市場でどのくらい買い物をしているか?」を計算してみましょう。

 

それぞれの楽天市場内での還元率は、

  • 楽天カード→3%
  • 楽天ゴールドカード→5%

です。

 

結論から言うと、毎月1万円以上、楽天市場で買い物をしている」という人はゴールドカードの方がお得になります。

 

楽天カードと楽天ゴールドカードの楽天市場でのポイント還元率の差は2%です。

この差でもって、さらに年会費の2000円(税抜き)をペイしてお得なるにはいったいどのくらい買い物すればよいのでしょうか?

 

それは以下の式で求められます。

年会費2,000円×消費税1.08÷ポイント差2%=108000円

 

つまり年間で108,000円使う人は楽天ゴールドカードの年会費をペイしつつ、さらに楽天カードを使った時より多くポイントを貰えるというわけです。

月になおすと毎月約10,000円以上を楽天市場で買い物する人はゴールドカードの方がお得になるわけですね。

楽天カードとゴールドカードの分岐点

 

なので、ただいま楽天カードを使用中で、月間1万円以上を楽天市場でコンスタントに買い物している方は乗り換えを検討してみて下さい。

乗り換えポイントも貰えるのでお得です。

 

楽天ゴールドカードを楽天プレミアムカードへ変更するかどうかの分岐点→プライオリティパス

続いて、楽天ゴールドカードの人が楽天プレミアムカードを変更すべきかどうかを考えます。

楽天プレミアムカードも楽天プレミアムカードも楽天市場での還元率は同じ5%です。

 

しかしポイント獲得上限に違いがあり、

  • 楽天プレミアムカード→15000ポイントまで
  • 楽天ゴールドカード→5000ポイントまで

となっているので、

 

結果的に還元率5%を維持できるお買い物金額の上限が

  • 楽天プレミアムカード→50万円
  • 楽天ゴールドカード→16.7万円

となってしまいます。

 

つまり毎月17万円以上、楽天市場で買い物をする」という人なら、楽天プレミアムカードを使った方が年会費を補ってお得ということになり得ます。

 

とは言え…

 

そんな人なかなかいませんよね(笑)

 

なので、楽天プレミアムカードと楽天ゴールドカードを選ぶ判断基準で一番大きいのはやはり海外空港ラウンジ無料(プライオリティパス)が欲しいかどうかです。

 

通常、プライオリティパス(プレステージ会員)の年会費は399ドル

 

なんとプレミアムカードの年会費の約4倍にもなります!

つまり仕事やプライベートで常日頃海外へ出かける人でプライオリティパスの購入を考えているなら、楽天プレミアムカードを発行したほうが断然お得ということになります。

 

申し込みはこちら↓

 

まとめ:2つの質問であなたにぴったりの楽天カードを選ぼう

以上、楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの違いを解説しました。

 

まとめると、

  1. 月々の楽天市場での買い物額は?
  2. プライオリティパスは必要は?

この2つの質問に答えると、あなたにぴったりの楽天ブランドのクレジットカードが選べます。

 

楽天カードを選ぶフローチャート

楽天カードを選ぶフローチャート

 

こちらを参考に必要なカードに申し込んでみて下さい!

 

それぞれのカードの申し込みはこちら↓からできます。

 

楽天にはクレジットカード以外に電子マネーとQRコード決済のサービスがあります。

さらにお得をゲットしたい方は、こちら↓の関連記事で楽天系の決済サービスを見直してみて下さい。

関連記事:楽天Edyと楽天Payの違いは?楽天系の決済サービスの違いを知ってポイントを貯めよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました